47795 normal 1466609968 %e9%b9%bf

「本当に?」「なぜ?」でひもとく地域の課題分析ワークショップ ~奈良市の問題をロジックツリーで分析する~

2016-07-17(日)10:00 - 17:30
Takeo Hidaka Yuichiro Nishimura 砥嶋 勇希 おおかわひろあき 大塚恒平 Kazuto Aoki 澤田学 Yusuke  Ide Ismail Arai 飛鳥賢司 Kazuya Imanishi Yasushi ISHIZUKA + 9人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
大学近辺にお店が少ないので、昼食はご持参ください。

・地域をよくするアイデアはあるけど、実現へ向けたプロセスが分からない
・アイデアが本当に正しいのかわからない

こんなことに困っていませんか?

思いつきのアイデアを分析して本当の課題を見つけ、具体的なプロジェクトを立てる手法を学ぶワークショップをCode for Naraが開催します。
分析するのは、過去に行ったフューチャーセッションやアイデアワークショップでのべ80名が出した「奈良市に感じている問題」。大学で地域の課題解決のプロジェクト演習を教えている貝増氏を講師に迎え、「原因→結果」を論理的に整理し、ロジックツリーで問題を見える化する手法を学びます。

自分たちの地域の課題をなんとかしたい、と思っている方は一日かけて分析手法を学びませんか?

▼こんな方におすすめ
・奈良が好きな方
・地域の課題をなんとかしたい方
・ロジカルシンキングを学びたい方
・フューチャーセッション・アイデアソンで出たアイデアの展開に悩んでいる方


日時: 7月17日(日) 10時~17時( 9:30受付開始)
場所: 奈良女子大学デープアクティブラーニング教室
    ※正門ではなく、東門の向かい側「放送大学奈良学習センター」と同じ敷地内です。
最寄: 近鉄奈良駅(1番出口)から徒歩約5分


▼タイムテーブル
9:30 受付
10:00 オリエンテーション
10:30 グループワーク(1)
12:00 ランチ
13:00 アイスブレイク
13:10 グループワーク(2)
14:30 コーヒーブレイク
14:45 グループワーク(3)
15:45 プレゼンテーション準備
16:15 発表(一班10分)
17:00 講評
17:30 終了

18:00 懇親会

終了後に「懇親会」を予定しています。
出欠確認は当日行います。(費用別途)


講師:貝増匡俊
三重県生まれ、大阪市在住。
英国・バース大学(University of Bath)で開発学修士修了(MSc in Development Studies) 。マレーシア・オープン・ユニバーシティー大学(Open University Malaysia)でプロジェクト管理学修士課程修了(Master of Project Management)。
独立行政法人国際協力機構(JICA)ラオス・インドネシア・スリランカで企画調査員、業務調整員。
現在、神戸女子大学准教授(プロジェクト演習を教える)。

コミュニティについて
Code for Nara

Code for Nara

Code for Nara

コミュニティに参加